2015年10月09日

ガンコマンとパーマン。

こんにちは!
最近涙もろい・・・
宝塚トラック&フィールドクラブの前田です(^-^)v


この1年、特に上半期は「自分の中の既成概念、固定観念を壊そう!」というテーマで生きてきました^^


一番変わったのは「強さ」への概念です。


今までは
“どんな雨風にも動じない太い幹のくすの木”
じゃんけんで言えば“グー”
が強さでした。


でも最近は
“どんな雨風も吸い込む土”
じゃんけんで言えば“パー”
が自分の中の強さです^^




昔は(...今もまだまだだけど)
とても頑固で、強がって、人前で泣くなんてありえなかった。
超イケてないぜ!的な考え方でした^^


でもそれがその時の自分を守る方法で、スポーツで言うと、筋力が無い中で力を出そうとしてガチガチに力んでいる状態。
その時の自分の全力の対処法。



でもいろいろな書物を読んだり、経験したりする内に「あっ、これって弱さなんだ」と気づきました。


じゃんけんで例えたのは、こんな例え話があったからです。


「グーは自分の殻(ココロ)に入り、1度見つけた大切なモノを手放したく無いという状態」


「パーは自分の殻(ココロ)をオープンにして、その大切なモノを手放す勇気を出し、いつでも新しいモノを拾える状態」




頑固な状態だと、なかなか視野も広がらず盲目になってしまいます(>_<)
自分の事は自分が一番知っていると勘違いして、他の人の言葉を避けるようになり“グー”になります(特に思春期など自分とは?を考える時期)



もうひとつ、素敵だなと思った例え話も...


「グーで出来る事は何か?人を殴ったり、押すぐらいしか出来ないだろう」


「じゃあグーを開いてみよう。パーの手では何が出来る?傷ついた人の背中を擦ってあげれる。頭を撫でられる。困っている人がいれば手を差しのばせる。・・・他にもたくさんある。」





オープンマインドは、指導者にとってもとても大切な事です。




涙もろい=無意識に手がパーになっているって事・・・かな?
赤ちゃんでも無意識にグーにしようとするのに、自然にパーになる時が増えたって事・・・かな?



昔のブログを見ていたら、自分でも泣く事について書いていました(^-^)v


成長とは変化する事
http://blog.ttfc.jp/s/article/134204285.html


もちろんTPOをわきまえながら!(^-^;


パー!
image-ca9e3-thumbnail2.jpeg


自分をさらけ出す勇気を出していきます(^-^)

★ホームページはコチラ!!
(宝塚 かけっこ・陸上教室) http://ttfc.jp/
posted by 宝塚T&F at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーチの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165316616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック